植木 引越し

植木の引越しについて

植木の引越しは何に気を付ければいいの?お勧めの一括見積もりサービスはコチラ

 

引越しでは家の中の荷物を荷造りするというイメージが強いですが、
庭にある植木も一緒に引越ししたいと考える家庭は多いです。
特に土いじりが好きで庭をキレイにしている人にとって
植木は子供のようなもの。

 

大切に育てた植木をそのまま放置していくということは考えられないでしょう。
今回は引越し時の植木の運搬について考えてみましょう。

 

植木の引越しってどうやって行うの?

引越しをする時に以外と大変なのが植木の運搬です。
引越しの荷物はトラックの荷台に対して天井まで積み上げます。
ダンボールの状態であれば天井まで簡単に積み上げることができますので
トラックの荷台への積み込み効率が良くなり、
小さいトラックでの積み込みが可能になってきます。

しかし植木の場合はダンボールなどに入れることはできません。

トラックの天井高さよりも小さい植木であれば問題ありませんが
それよりも大きい植木の場合には、荷物とは別のトラックを準備して
運搬してもらうという形になるケースもあるでしょう。
ダンボールに入る植木に関しては
箱詰めして行えば特に問題はありません。

 

植木の引越しの際の注意点は??

植木を引越しする場合には、前日に水をやってはいけません。

植木に水を上げてしまうと引越し当日に植木から水が漏れだしてしまうことがあります。

ダンボールに入れた植木から水が漏れ出してしまうと、
他の荷物も塗れてしまう危険性があります。
荷物が原因でも汚損に関しては引越し業者では
保障対象外ですので注意が必要です。
水漏れや汚れが心配な場合には植木を
ビニール袋にいれて運搬するとよいでしょう。
植木の鉢部分をビニール袋で覆うことで予防対策にはなりますよ。
市販されているごみ袋を使えば効果的です。

 

単身パックでの植木の引越しは難しい

単身者で植木を運搬したいという場合には単身パックの選択もあります。
しかし単身パックは専用のボックスに荷物を詰め込む形で
引越しを行いますのでスペースが決められており、
荷物を詰め込むことで葉や枝が折れてしまうこともあるでしょう。
植木込みで引越し費用を安くしたいというのであれば
単身パックよりも他の方法を利用した方がお得でしょう。

 

植木の引越しは何に気を付ければいいの?お勧めの一括見積もりサービスはコチラ

 

植木に何かあっても保障対象外になるケースが多い

引越し業者が定めている契約内容には動植物に関しては
運搬を断れる旨が記載されています。
そのため業者によっては植木を運んでくれないところもあるでしょう。
また例え運んでもらったとしても万が一の場合
補償してもらえないケースが非常に多いです。
植木は破損することが多いですのでこの点は覚悟して輸送してもらうとよいでしょう。
また枝が細い植木、葉が取れやすい、傷つきやすい、花弁が取れやすく、
傷つきやすい植木の場合は引越しそのものを断れる可能性も高いです。
一般的には比較的小型の植木であれば輸送してくれる引越し業者が多いでしょう。

 

大型の植木に関しては専門の引越し業者にお願いした方がよい

植木の中には大型のものもあります。
自分で運ぶのが難しいという場合には、植木運搬を専門に行っている
造園業者などにお願いする方法もあるでしょう。
引越し業者とは別に造園業者に依頼するケースもあれば、
引越し業者にオプションとして植木を追加すれば、
提携している造園業者に予約をしてくれるところもあります。
引越し業者の追加オプションとして大型植木の運搬を頼むのが一番楽な方法でしょう。

 

植木を引越しする前にやっておくことはある?

基本的に植木を運搬する場合は梱包資材の調達や荷造り、
搬出、搬入などは専門業者が行ってくれます。
そのため特に事前に準備を
しなければならないということはまずないでしょう。
しかし水やりや肥料の管理などは引越し業者では行ってくれませんので、
引越し前に水やりなどは行っておくことをおすすめします。
ただし引越し当日の水やりはよくありません。
植木鉢から水が漏れだしてしまい、他の家財が全て濡れてしまい
被害が大きくなってしまうことがあります。
また梱包資材自体が弱くなってしまうので、
梱包力が弱くなり植木が破損してしまう可能性さえあるのです。

 

水を毎日たくさん与えてあげる必要のある植物の場合は、
前日までにしっかりと水分を与えて
当日はやらなくても大丈夫な環境を作っておくことが必要です。
引越し業者ではなく、造園業者などに植木を運搬してもらう場合には、
管理をしっかりと行ってくれるところが多いです。
水やりや肥料やりなども行ってくれるかもしれあせん。
また返金保証が付いている業者もあります。
もしもの時に備えて、返金保証のある業者を選んでおけば安心感もありますね。
サポート力が強い業者は魅力的です。

 

いらなくなった植木は処分して引越しをしよう

引越しを機にいらなくなった植木を処分しようと考える人もいるでしょう。

専門の造園業者であれば費用を払えば処分してくれます。
また腰丈ほどの高さであれば燃えるごみとしても処分できますので
一般的なごみ処理とは変わりません。

 

植木の引越しは何に気を付ければいいの?お勧め一括見積もりサービス

引越し侍


お勧め その1 まずはここから

 

テレビCMなどでもお馴染みの引越し侍

絶対に外せない一括見積もりサイト

 

簡単に一括見積もりができて全国160社もの

提携企業の中から最安値を探せます。

 

引越し価格ガイド


お勧め その2 ここも抑えよう

 

見積もり比較で最大50%

安くなることもある引越し価格ガイド

 

引越し価格ガイドはキャンペー中の優良企業に出会えれば

驚くほど安い金額で引越しができることも

 

HOME’S 引越し


お勧め その3 ここも忘れずに

 

独自の割引サービスのある

HOME’S 引越し

 

3つのポイントを抑えるだけで最大50%オフになることも

全国130社の中からピッタリの業者がみつかるはず。